• 21_07_01
  • 21_07_02
  • 21_07_03
  • 21_07_04
  • 21_07_05
  • 21_07_06
  • 21_07_07
  • 21_07_08

詳細情報

  • ジャンル: 美術館

  • 場所: 神奈川県横浜市西区みなとみらい3-4-1

  • 設計:  丹下都市建築設計

  • クライアント:  横浜市建築局、丹下健三・都市・建築設計研究所 / 運営:公益財団法人横浜市芸術文化振興財団

  • 撮影:  YO MASUNAGA

横浜美術館 第一期ライトアップ

横浜美術館は、重厚感ある180mもの石造りの外壁と、
シンメトリーで美しい佇まいが特徴的な建物です。
建築は、日本人初のプリッカー賞を受賞した建築家、丹下健三氏の設計で、館内には、セザンヌ、ピカソ、横浜にゆかりの深い作家など、19世紀後半から現代にかけての作品を約10,000点が所蔵されています。

今回の第一期ライトアップ計画は、2023年完成予定の大改修計画に向けた1st-stepプランで、
敢えて未完成感を残しながら2023年のコンプリートを目指す照明計画となりました。

通常時はウォームホワイト( 電球色相当 )系でフルオート点灯。
特別日はアウェアネスカラー(社会運動のシンボルカラー)や、展示テーマ、季節に合わせて
好みのシーンをワンタッチ再生できるハイブリッド制御システムで、
フレキシブル且つ印象的な景観を創りあげています。

また、横浜市が推進している創造都市(クリエイティブ・シティ)事業の一環として開催された
『NIGHT SYNC YOKOHAMA』や『ヨルノヨ』などのイベント時は、
横浜の街中のあかりがIoT照明制御システムによってリンク演出を行う、
光と音の特別イベント会場にもなっています。

横浜ランドマークの一つとして、地域活性化とグローバリゼーションに貢献する
第一歩を踏み出すプロジェクトとなりました。

【第一期ライトアッププロジェクトチーム】

・全体デザイン監修:株式会社オンデザインパートナーズ
・照明デザイン監修:株式会社岡安泉照明設計事務所
・演出照明設計&プログラム:lumenjapan
・電気工事:栄新テクノ株式会社

※2023年大規模改修工事完了迄ライトアップも含め現在は休館中

・LumenbeamLarge RGBW 20°×26
・LumenfacadeNano 1ft RGBW 120°x8
・LumenfacadeNano 3ft RGBW 120°x32
Top